行動計画

社員一人ひとりが最大限の能力を発揮できるようワークライフバランスを推進し、限られた時間の中で高い生産性及び付加価値の創造に資する人財力の強化を図るよう、行動計画を策定しました。

  1. 計画期間
  2. 2015年4月1日〜2020年3月31日までの5年間
  3. 計画内容
  4. 目標1:所定外労働の削減

    【対策】ノー残業デーの定例化
    「残業している人が頑張っている」という意識の撲滅

    目標2:年次有給休暇の取得促進

    【対策】

    連続休暇制度の導入と取得促進

    年休使用計画を提出し、計画的に休暇を取得

    失効年休積立制度の周知

    未消化年休の撲滅

    目標3:多様な働き方に対応した制度の活用

    【対策】短時間正社員制度の周知・徹底

    目標4:育児介護休暇を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備

    【対策】育児介護に関する制度の周知、始業・就業時刻の繰上げまたは繰下げ